小説 津軽藩以前

【小説 津軽藩起始 六羽川編】第四章 津軽為信、和平を探る 天正七年(1579)田植前

【小説 津軽藩起始 六羽川編】序章 水木御所成立 天正六年(1578)秋 →→【小説 津軽藩起始 浪岡編】エピローグへ←← ・  天正六年(1578)、津軽為信は浪岡御所を攻略した。…aomori-join.com2…

コメントなし

【小説 津軽藩起始 六羽川編】第三章 安東愛季、津軽征討を決断する 天正七年(1579)雪解

【小説 津軽藩起始 六羽川編】序章 水木御所成立 天正六年(1578)秋 →→【小説 津軽藩起始 浪岡編】エピローグへ←← ・  天正六年(1578)、津軽為信は浪岡御所を攻略した。…aomori-join.com2…

コメントなし

【小説 津軽藩起始 六羽川編】第二章 滝本重行、外ヶ浜より追放される 天正七年(1579)正月

【小説 津軽藩起始 六羽川編】序章 水木御所成立 天正六年(1578)秋 →→【小説 津軽藩起始 浪岡編】エピローグへ←← ・  天正六年(1578)、津軽為信は浪岡御所を攻略した。…aomori-join.com2…

コメントなし

【小説 津軽藩起始 六羽川編】第一章 北畠残党、秋田へ向かう 天正六年(1578)晩秋

【小説 津軽藩以前】 プロローグ 相川西野の乱 永禄十一年(1568)秋A-join特派員のかんからです。 世界全体が殺伐とした空気になってしまいましたけど……去年これを誰が予期していたことか。普通であれば…aomo…

コメントなし

【小説 津軽藩起始 六羽川編】序章 水木御所成立 天正六年(1578)秋

【小説 津軽藩以前】 プロローグ 相川西野の乱 永禄十一年(1568)秋A-join特派員のかんからです。 世界全体が殺伐とした空気になってしまいましたけど……去年これを誰が予期していたことか。普通であれば…aomo…

コメントなし

【小説 津軽藩起始 浪岡編】エピローグ 

【小説 津軽藩起始 浪岡編】第一章 松源寺の会見 天正五年(1577)初春 誘い 1-1 幕開け  梅は咲く。池の水面にその姿は冴え、淡い色は薄いながらも華やかにも見える。仙せん桃とう院いんは…aomori-join…

コメントなし

【小説 津軽藩起始 浪岡編】最終章  水木御所成立 天正六年(1578)秋

【小説 津軽藩起始 浪岡編】第一章 松源寺の会見 天正五年(1577)初春 誘い 1-1 幕開け  梅は咲く。池の水面にその姿は冴え、淡い色は薄いながらも華やかにも見える。仙せん桃とう院いんは…aomori-join…

コメントなし

【小説 津軽藩起始 浪岡編】第九章  水谷利実凶死 天正六年(1578)晩夏 旧暦七月六日

【小説 津軽藩起始 浪岡編】第一章 松源寺の会見 天正五年(1577)初春 誘い 1-1 幕開け  梅は咲く。池の水面にその姿は冴え、淡い色は薄いながらも華やかにも見える。仙せん桃とう院いんは…aomori-join…

コメントなし

【小説 津軽藩起始 浪岡編】第八章 大釈迦館炎上 天正六年(1578)晩夏 旧暦七月五日

【小説 津軽藩起始 浪岡編】第一章 松源寺の会見 天正五年(1577)初春 誘い 1-1 幕開け  梅は咲く。池の水面にその姿は冴え、淡い色は薄いながらも華やかにも見える。仙せん桃とう院いんは…aomori-join…

コメントなし

【小説 津軽藩起始 浪岡編】第七章 津軽為信、浪岡へ入る 天正六年(1578)晩夏 旧暦七月三日夕

【小説 津軽藩起始 浪岡編】第一章 松源寺の会見 天正五年(1577)初春 誘い 1-1 幕開け  梅は咲く。池の水面にその姿は冴え、淡い色は薄いながらも華やかにも見える。仙せん桃とう院いんは…aomori-join…

コメントなし

シェアして拡散して頂けたら、もっと青森が盛り上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする