《続報有》【開店情報】#弘前 に新しい唐揚げ屋さん。手掛けるのは #醤油 の #キッコーセイ オープンは9月10日(金)!

《続報》オープンは9月10日(金)!

オープンは9月10日

7個から8個 500円 15個1,000円

青森県弘前市大字和泉1丁目2-1 萬屋弘前城東店 敷地内 11:0019:00 定休日無し

以下、21/08/08時点の記事

A-join特派員のかんからです。

さて、アオモリジョインで掲載している #から揚げ の記事は比較的多い方だと思うのですが

どれくらいあるのかなーと思って数えてみたところ、10個ありました。

タグで仕分けはされているので、どんなのあるかなーとお読みいただくこともできます。

唐揚げ | アオモリジョイン (aomori-join.com)

最近だと #鶏笑 や #まつむら商店 あたりでしょうかね。目立ったといえば。

でも彼らはあくまでフランチャイズであって、お外から青森に入ってきた味でございます。

今回は私たちにもなじみの深い、郷土の味を #唐揚げ でお楽しみください。

『キッコーセイからあげ』、オープンへ

ハローワークから情報を見つけました。

なんでも8月中にもオープンする予定とか。9月10日になりました。

きっとキッコーセイの醤油を使った、味わいが深い唐揚げになるんですね~。

これは期待出来るんじゃないですか?

ハローワークインターネットサービス – 求人情報 (mhlw.go.jp)

ちなみに場所はこちらです!

〒036-8053
青森県弘前市大字和泉1丁目2-1 萬屋弘前城東店 敷地内

萬屋(よろずや)弘前城東店 | リサイクル、中古品の販売、買取なら (yorozuya-dc.com)

ちなみに #キッコーセイ とは?

元治元年(1864年)より続く青森県黒石市の醤油醸造元の娘、中村かつと夫の中村清助がのれん分けをし
大正13年(1924年)青森県藤崎町に中清食品工業株式会社の前身である中村商店として根を下ろし、地元と共に歩んできました。しかし令和元年、惜しまれつつもその幕を下ろします。

長年にわたり地元に親しまれ今も変わらぬ味で生き続けます。

わたしたちはその醤油と初代からの想いを絶やすことなく引き継ぎ、さらに多くの皆様にご愛顧いただける事を使命として全うして参ります。
150年以上続く伝統の味をいつまでも大切に・・

キッコーセイ | ひろさき夢興社株式会社 (hirosaki-yumekosha.com)

 青森県藤崎町で大正時代に創業し、地元住民らに長年親しまれてきた甘口の混合しょうゆ「キッコーセイ」。製造する企業の破産で、商品の供給が一時途絶えていたが、弘前市の「ひろさき夢興社」が事業を引き継ぎ昨年、販売を再開した。それから1年、同社社長の齋藤ひとみさん(46)は「喜んでくれる人が多く、復活させてよかった」と振り返る。キッコーセイ誕生から2024年で100年。節目に合わせ、自社生産の大豆で作った本醸造しょうゆの製造に取り組んでおり、齋藤さんは「もっともっと愛されるよう、頑張っていきたい」と話す。

伝統の味受け継ぎ1年 夢興社「もっと愛されるように」|食,経済・産業・雇用|青森ニュース|Web東奥 (toonippo.co.jp)

どんな味付けになるんだろう……

キッコーセイのお醤油と言えば

“ほんのりとした甘み” “濃い口だけどしょっぱくない” というのが特徴です。

きっと小さい頃から馴染んでいる人は多いはず。

その味が……唐揚げとして皆さんのお口に入ることになるのです……!

さあ、9月10日11時オープンですよ!!お楽しみに♪

シェアして拡散して頂けたら、もっと青森が盛り上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする