小説 TIME〈〈 -第二章- 作、吉村 仁志。

Time<<
吉村 仁志よしむら さとし

👇👇前話、第一章はこちら👇👇

・ ・ Time<< 吉村 仁志よしむら さとし ・ **第一章** ① ・あの朝は決して淋しくも、辛...

**第ニ章**

家の扉を開くと、おいしそうなカレーの匂いがしてくる。家のカレーはパッと見 何も入っていないようだけど、実は人参やにんにく、ひき肉などを見えないくらい細かく刻みこまれている。ルーは2種類も使うし、最後にトマトと牛乳と板チョコも入れてしまう。手が込んでるし、それがまた、まろやかな味でうまいのだった!

僕は玄関から「ただいま~」と叫んだ。母ちゃんはガスに火を付けたまま少し休憩してて、台所までソファを持っていき、座って新聞の番組欄を読んでいた。こちらに気が付くと声を張り上げて「おかえり~、風呂入ってしまいなさい!」と呼び掛けてくる。僕は「は~い」と頷き、そのまま風呂へと向かった。お湯につかっている時、なぜだかお腹がキューっと来た感じがしたけど、そんなに気を留めなかった。

風呂を出ると、妹の真美と弟の光平が2人仲良く居間でおしゃべりしていた。どうやら僕より先に風呂が終っていたみたいで、僕を見るなり先に話しかけてきたのは光平だった。「お兄ちゃん、ゲームしよ♪」「オウ、いいよ。でもごはん食べてからな。」「やった~、じゃあ今日やるソフト、選んでおくね!」

光平は4歳で保育園に通っている。ほっぺたがぷく~っと膨らんでるのを指で押すと、「やめろよ~。」と嫌がるけど、それがまた光平らしくて可愛い。真美は10歳で、まだ授業では習いもしないのに、編み物とか料理もしちゃう頑張り屋さんだ。今日はもう宿題を終わったのか、テレビを横で流しながら、編み物をしていた。冬用に手袋でも編んでるんだべな。

光平は「お兄ちゃん、野球のゲームやろ~。」「よし、じゃあ今日は負けないからな。」僕はほっぺたをぷにぷにっと押した。「やめろよ~。」とお決まりの抵抗で、やっぱり嫌がったけど、最後には2人で笑って終わった。

ここでタイミングよく母ちゃんが「ご飯の時間よ~。」と呼びにきた。時間はいつもの夕ごはんより少し早い。僕たち3人は台所へ行き、さっそく準備にかかる。ごはんの盛り付けは真美、カレーの盛り付け役は僕。光平はそれを運ぶ役目だ。誰が決めた訳ではないけど、やることは自然と決まっていた。「父ちゃん、今日呑み会なんだって。だから待たずにさっさと食べましょ。」髪を結い直ししながら母ちゃんは言った。テーブルに料理が揃うと僕が大きな声で「いただきます!」 続けて他の3人も「いただきます!」

食べ始めてからしばらくして「今日のいいこと、発表のコーナー。今日は真美から!」いつ始まるかわからないコーナーが、今日は夕飯の最中にやってきた。真美は「近くに100円ショップができて、毛糸の黄色買ってきたよ。」テレビ台の下に置いてあった毛糸を指さしながら言うと、母ちゃんは「あそこなんでも100円だから、ついつい買ってしまうのよね~。私も今日、父ちゃんのネクタイ買っちゃった。」普通に買うと2000円するようなネクタイを見せてきた。僕は驚いて「すごい、高そうだね。」と答えたけど、その横で光平が「すごいね。誕生日プレゼント、100円コーナーで買ったらいじゃん。」と言った。

一瞬の沈黙があったけど……僕はわざと笑いながら「100円はダメだろっ。」と突っ込むと「あっ。光平もおもちゃ欲しいから100円はやめた。」だってさ。ある意味で真理を得ている。「じゃあ次は光平!」「はい!」勢いある返事だった。「これからお兄ちゃんと、野球のゲームすることです♪」慌てて僕は、それに少しだけ付け足した。「宿題はやってから、ゲームするから……。」母ちゃんは少し間をおいてからニッコリした。「今日は勝つんだよ!」ぽんぽんっと、光平の頭を軽く叩いてたけど、光平はルーを飲むために、皿に口をくっつけてた最中。むせるんじゃない?

「よし!次、コウ!」

「あっ。今日小川さんの家から、トイレ借りて助かった。」

「小川さん?近所に居たかしら?」

母ちゃんは黙って考えていると、真美は(せっかくカレー食べてるのに……。)と言わんばかりの顔をしてしまう。それに気づいた光平は「お兄ちゃん、今ゴハンチュウ!」とまさかの注意してきて、言っちゃいけないべき言葉だったなと僕は反省した。母ちゃんはまだ何か考えていたけど、そのまま食事を続けてるみたい。僕は母ちゃんに「美雪さんって知らない?」と訊いてみたけど、「わかんないわね~。家はどの辺なの?」と逆に質問をされた。「”みずののうえん” の近くのアパートの2階だよ。」「あ~、あの家ね。小川さんっていう人が住んでるんだ。」「ウン、あとはふるさと吹いたら、スガヤパンのおやじが、パンをタダにしてくれた。」ここで真美と光平が「いいなぁ~。」「ずるぅ~い。」とすかさず言ってきて、母ちゃんも「よかったじゃない。」と喜んでくれた。そうして話しているうちに、もうみんなのカレーの皿は空になっていた。

1番先に食べ終わるのはいつも母ちゃんで、2番目は真美か僕。最後になるのは光平だけど、そんなに変わらないタイミングで食べ終わる。母ちゃんがまず最初に「ごちそうさま~。」と言って、さっさと台所で皿洗いを始めた。今日は僕より早く真美が先に食べ終わり、僕は3番目だった。

「ごちそうさま。」と真美は言ったけど、続けて僕も「ごっ……。」

言葉は頭にあるけど、口にモノが入っているわけでもないのに、しゃべれなかった。光平から「お兄ちゃん、挨拶は?」と右手でスプーンの先を僕に指してきた。僕は「ウン、すまんすまん、むせて言えなかっただけ。ごちそうさま。」光平は「やればできるじゃない。」思わず憎たらしく(光平!)と思ってしまったけど、まあまあ僕が悪いんだからと反省しながら、カレー皿を台所の流しへ持って行った。

後ろを向いて、光平に「宿題やり終わるまで、待ってて。」と話しかけると、「うん、光平もごはん食べ終わるの待ってて。」と返事が。そんなに時間がかかるのか?と思うほど少ない量だったけど、とりあえず軽く「ウン。」と頷いて、僕の部屋へ向かった。毎週見ている料理アニメを横で流しながら、漢字の書き取りの宿題をやり始めた。

”カツ丼のカツは……”

アニメの声を聴きながら “会議会議会議” 。大学ノートに13回も書いて覚える。

“得した 得した 得した” これも13回の練習。そしてアニメも終盤、宿題も終盤に差し掛かるころ。風呂で感じたのと同じ感じで、お腹が痛くなってきた。トイレ終わったら整腸剤でも飲もうかなと思って、トイレに行くため廊下にでた。すると突然「野球まだ?」と光平が柱からヒョイっと顔を出して訊いてきた。「お~びっくりした。あと15分くらい待って。」「かちこまりました。」その言葉をどこで覚えたんだと思いながらトイレへ急ぎ、ズボンを下ろして洋式便所に座った。すると“お腹”が痛かったはずなのに、その痛さが頭に移動し、一気に激痛が走る。

絶対にこれはおかしいなと思ったので、今日はすぐに寝ることにした。居間にある棚から頭痛薬と腹痛薬を探していると、母ちゃんが心配そうに僕の顔を覗き込んできた。

「顔色変だよ?」

「うん、今日はもう寝る……。光平には明日ゲームしようって言っておいて。」

「うん、……わかった。」

母ちゃんは何度も「今日は一緒に寝る?」と訊いてきたけど、そのとき僕は甘く見ていたのもあるし、男の子だから断ってしまった。真美も編み物している手を止め、心配そうだ。

「大丈夫だ。ありがとう。」

みんなにそう言って、自分の部屋で寝た。1時間に1回 “大丈夫?” とか “熱計るね” と話しかけられたような気がするけど、多分母ちゃんの声だけど “うん……” としか答えれなかったと思う。


あっという間に朝になって「コウ、起きれる??」と、隣から母ちゃんの声。

「ウン……。」

起きてみると “ボーッ” とした感じだったけど、なんとか起きれた。いつもの “ボーッ” だなと思いながら、ベッドから下りて立ち上がった。別に頭もお腹も痛くはない。これで治ったなと安心して、洗面所で顔を洗い、着替えも済ませてから台所へ行った。すると母ちゃんと光平の心配そうな顔が、僕に向けられる。

まず最初に光平に謝った。「昨日はごめんな。」「ううん、大丈夫なの?」「うん、もう大丈夫だ。今日帰って来たら、外で野球するべ。」すると光平は急に笑顔になり、二人は約束した。「おっ!じゃあ、お兄ちゃん、早く帰って来てね。」

台所の流し近くに立っていた母ちゃんは「ほんとに大丈夫?」とまだ安心してなさそうだったけど、僕は「ウン、心配掛けてごめんね。」「いや……そのことは大丈夫なんだけど。病院行っといた方が良いんじゃない?」 僕はもう治っていたと思ったから「もうどこも痛くないから、大丈夫だよ。」と答えた。母ちゃんは納得しきれていないようだったけど、とりあえずご飯と味噌汁、おかずを用意して、目の前のテーブルに持ってきてくれた。

「連絡帳に一応書いておいたから、先生に見せるのよ?」

僕は “うん” と普通のトーンで返事をして、さっそくご飯を食べ始めた。後から真美も起きて来て、目をこしりながらも不安そうに挨拶してきた。ここで僕はハッと気づいて、家族の皆に挨拶するの忘れてたなと思い、ざわと勢いよく椅子から立って大声で

「皆様、おはようございます!」

いつものノリで、その場を和ませた。

「あ、父ちゃん起こさないと。」

母ちゃんは急いで父ちゃんの寝室へ向かった。そういえば昨日は父ちゃんと朝しか会ってないな~と思いながら、僕は食事を続ける。

その時だった。僕は箸を落として、その場に倒れた。


“お兄ちゃん、お兄ちゃん”

光平の甲高い声が聴こえる。遠くでは慌ててドタドタと階段を降りてくる音が聴こえ、”コウ!コウ!” と何度も呼び掛けられた。僕は倒れているけど、なぜか目だけは開いていた。後から父ちゃんも駆けつけてきて、一見落ち着いている様子だったけど、電話で救急車を呼んでいる手だけは震えていた。本当はすごく驚いてたんだと思う。横で真美は泣いていた。

(……なんでこうもしっかり覚えていたのかは、今から考えると不思議でしかない)


次話、第三章へ続く

・ ・ Time<< 吉村 仁志よしむら さとし ・ 👇👇第一章、前話第二章はこちら👇👇 ・...

著者紹介

小説 TIME〈〈 

皆様、初めまして。吉村仁志と申します。この原稿は、小学校5年生の時に自分の書いた日記を元に書きました。温かい目で見て、幸せな気持ちになっていただけたら幸いです。

著者アカウント:よしよしさん (@satosin2meat) / Twitter

校正:青森宣伝! 執筆かんからさん (@into_kankara) / Twitter Shinji Satouh | Facebook

シェアして拡散して頂けたら、もっと青森が盛り上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする