【間違情報】戸来,ヘライ,ヘブライ……新郷村キリストの墓は本当かウソか? それとお便りがありました♪

→→お便りを先に読みたい方はこちら←←

A-join特派員のかんからです。

とある日のこと、ツイッターのフォロワーさんからご質問がありました。

戸来村へらいむら……。

戸来村と言えば、

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

戸来村(へらいむら)は、かつて青森県にあったである。現在の同県三戸郡新郷村大字戸来。

なお本項では、合併後の新郷村にある大字戸来についても述べる。

ああ、あの村ですか。キリストの墓があるとかという……。

ちなみに知らない人のために解説しますと、といってもそのネーミングのままなんですけど

キリストの墓がエルサレムではなく、青森県の新郷(戸来)にあるという説があるのです……。

(だって、村のホームページにでかでかと載ってますし……)

→→村ホームページ←←

でまあ、このネタ自体は非常に使い古されてしまってるので……いろいろとまとめているサイトはたくさんあるんです。なのでわざわざ僕が手を付けなくても調べればわかる事なんですが

例としては

大日本観光新聞

謎深き青森(3)鬼澤荘情報戸来・キリストの墓

日本伝承大鑑

もっとあるんですけど、この辺りで抑えておきましょう。

もうなんとなく、みんなわかるよね?

はっきりと申し上げます。

ほとんどの人は、この伝説をまったく信じていません。

でしょ?僕も信じてませんし。

これ、面白いことに(笑) 新郷村史(by公式)にもこの件が載せられています。読むと確実にウケますよ。

そのまーんま載せますから、しっかりと読んでください!

ゴルゴダの丘で、磔刑に処されたはずのキリストが、秘かに日本に渡り、この地で長寿を全うしたという。昭和10年突然に湧いて出た話である。村人は肯定もせず、それかとて否定もせずして今に至っている。宣伝したわけでもなく、ただ古代史歴史家・考古学地質学者達が次々に訪れ、この話は日本はもとより、外国までも紹介されていった。観光地として土産品があるわけでもなく、神秘の村として人々の注目をあびている。

新郷村史 P354

これ、自虐たっぷりで面白いでしょ?

わざと否定せずに、町おこしに悪利用 活用 しているわけです!

(土産物は、さすがに出来てきましたよ)

そして踊りまで作った あるのです!(もとから周辺地域にあるやつを変えたとか)

みんな楽しくやっているので、いいんじゃないですか?そのままで。

 でもキリストキリストと言いすぎて

みなさん、真相を知らないと思います。

つまりは天津教の教祖である竹内巨麿という人物が居心地のいい(=都合のいい)土地を探していたところ、妥当だったのが戸来だったというわけです。そこへ当時の戸来村長だった佐々木傳次郎は話に乗っかったのです。何もない村に降ってわいた、街が賑やかになる格好の材料。村を挙げて彼を厚遇したそうです。

 ”戸来” の名前の由来

一戸、二戸、三戸、四戸(浅水付近)、五戸、六戸、七戸、八戸、九戸……のつぎにとおが来る村がありました。その十が戸に転じて戸来とらいとなり、と読むことから戸来へらいになったというお話です。

キリストの墓とされる丘は……?

沢口館と呼ばれる、土塁や郭と堀を備える小さなお城だったそうです。

MapFanで大きな地図を見る

それでもキリストの墓ってことになってるけど

別にこのままでの良いと思うんです。

だって、楽しいじゃないですか。

そこでもっとより楽しむための、観光案内です!

キリストの里伝承館

キリスト伝説だけじゃない、”手打ちそば” や “豆しとぎ” なんかも作っているところが見れちゃう♪ 村のことを知るための格好の場所。5月から営業再開です。

そしてキリスト祭りというイベントが例年6月に行われます。こぞっておいで下さいませ♪

キリストの墓・キリスト祭

住所 :青森県三戸郡新郷村大字戸来字野月33-1
話 :0178-78-2111(新郷村村役場:観光協会)

 そんな新郷村は、信号が一つしかないんだぜ。

A-join特派員のかんからです。 どこからともなく、もたらされた情報がありまして…… 新郷村には やる気がない【キ...

そして……ムー大陸や時間停止、杉沢村なんか語っていたら

お便りをいただきました。通りすがりの二等兵さんより。

青森駐屯地……?

住所で言えば、青森県青森市大字浪館字近野45。

そして調べたところ……(byゲンサン調べ)

何なんでしょうね?

何か知っている方は、コメント欄にお書きくださいませ♪

シェアして拡散して頂けたら、もっと青森が盛り上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする