【間違情報】皆さん、”杉沢村” って知ってます? 浪岡の杉沢でなくて、怖い方の杉沢。そして青森市には時間が止まるといういわくつきの場所や、ムー大陸とかあるんだぜ?

・ A-join特派員のかんからです。 そうなんですよ……驚きですよね! 青森市街のとある道を歩いていると...

A-join特派員のかんからです。

とある日のこと、ツイッターのフォロワーさんからご質問がありました。

でも残念ながら即答はできず。杉沢村自体の話は知っているものの……ぼんやりと “怖い話” ということしか分からなかったのです。

とりあえず、どういう話か調べてみよう♪

……けっこうネットでまとめたモノが、多く存在しているんですね。

例えば……wikipediaでは

かつて青森県の山中に、杉沢村という村があった。昭和の初期「一人の村人が突然発狂し、村民全員を殺して自らも命を絶つ」という事件が起きた。誰もいなくなった村は、隣村に編入され廃村となり、地図の公式文書から消去された。しかし、その廃墟悪霊の棲み家となって現在も存在する。

そしてNEVERまとめでは

大量殺人が無かったと断言はできないが、現時点では証拠は無く、「大量殺人があって地図から消された杉沢村」は”都市伝説”だと言える。

と、されています。

都市伝説は都市伝説。でも……

火の立たないところに、は立たない。

(↑↑でも例えばこの言葉を痴漢冤罪で投げかけられると、とてつもなく悲惨ですが↑↑)

(この動画の最後辺りでは、昔の青森市内の様子がご覧になれます。服装がやっぱり古い……)

つまるところ、話の筋としては

  • ここから先へ立ち入る者 命の保証はない」と書かれた看板がある。
  • 村の入口に朽ちた鳥居があり、その根元にドクロのような岩がある。
  • 奥へ進んでゆくと廃墟と化したかつての住居があり、その内部では事件の惨劇を物語る血痕のようなものが多数見受けられる。

ということらしいのですが……

では、このアオモリジョインの読者の皆さんに呼びかけてみましょう♪

杉沢村へ行ったことある人は、コメント欄にお書きください!!

 最近の杉沢村情報

映画にもなっちゃって……

→→杉沢村伝説 劇場版 (2014)←←

なんでも杉沢村は合併して、小杉村になったという情報も……?

他にも気になる書籍を発見!

恐怖コレクター 巻ノ一 顔のない子供

佐東 みどり/作  鶴田 法男/監修  よん/絵

この本によると、村が二つあるとか??襲う村と忠告する村……杉本村という新たなるネーミングが登場いたしました。興味ある方はぜひともご購入または図書館へ!

ところで他の怖い話と言えば……?

青森の怖いスポット、他にもあると思います。それらも含めて、コメント欄にお書きくださると嬉しいです。せっかくなので僕の知っているネタを二つほどご紹介します♪


【間違情報】そこだけが、永遠の刻を保つ。ずっと時間が止まったまま、そんな場所が青森市街のど真ん中にあった…。きっとあなたは、ずっと若いまま。不老不死を手にするに違いない。トキトメの魔法にかかる。

場所ですか?青森市街のど真ん中ですよ。

国道夜店通り……  えっ?

いや、山奥とかさ、寂れた廃墟だったりとか……   えっ?

どうもですね、赤く囲った部分だけ……ずっと時間が止まったままなのです。これはどうしたことか……。

とすれば、その場所にずっといさえすれば老けることなく、永遠の命を得ることができるのでは……?

ここです、ここです。雪景色が懐かしいですね♪

腕時計が完全にぼやけてますが、きっと朝の8時35分に撮ったのでしょう。そして信号後ろにある大きな時計はほぼ4時44分を指しています。4の数字は、死の時間……。4という数字がぞろ目になる前ということは、きっと死を免れることができるという暗示でしょうか……?

そして夜9時を回りました、9時19分

一方で大きな時計は、4時44分手前

どうでしょう?そのあたりだけ、時間が止まっているのです……。くわばらくわばら……。

いえ、違います。

大きな時計が、故障して止まっているだけです。


【間違情報】ムー大陸は、実は青森市内にあった。その真相に迫る。

昔の地図を開くと、しっかりと書かれてますから。本当です。

堤川のムー大陸。

**ムー大陸とは?**

ムー大陸とはその実、エビス神社であった……そしてその島?は、今や消滅してしまった。

本当に、川の底へと沈んでしまったのか……?

とりあえず空想上の大陸でなかったことは証明されました。よかったですね!

**種明かし**

シェアして拡散して頂けたら、もっと青森が盛り上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする