四季折々の自然を楽しもう。油川市民センターで『野木和公園展』開催中!#青森 #野木和 #春夏秋冬

A-join特派員のかんからです。

もういつの間にか、秋ですね~。ついこの間まで夏かなと思ってたんですが、ストーブをとうとう付け始めちゃいました(笑) まだ東京なんかの人ならへっちゃらなんでしょうけど、テレビで様子を見ると、いわゆる “秋コーデ” の服に身をまとっています。

家の外に目を向ければ、”木枯らし” まではまだ先でも、葉っぱは微妙に色づき始めています。もう少し経てば色はハッキリと鮮やかに変わり、ひらりひらりと落ちるんです。地べたが赤やら黄色やらの葉っぱで彩られ、そこにきしんだ足音が鳴り響く……。

いつしか雪が降り始め、でも最初の内はすぐにとけて、また降って、またとけて。そしてしっかりと積もって……辺りは真っ白。

皆様には目を閉じて頂いて、もう少しで来るだろう季節のことを思い出してみてください。そして我に返って……改めて今の季節を “今のうちに” 楽しみたいと感じた方は、ぜひ野木和公園へご散策くださいませ。

『野木和公園展』開催中です。

主催者   油川コミュニティ協議会

展示期間  10月6日(水)~11月30日(火) ※市民センター休館日 第三日曜日 10/17、11/21

展示場所  油川市民センター 1Fギャラリー

住所:〒038-0058 青森県青森市羽白池上197-1

足を運んでみると……

野木和公園の四季折々な情景を、実感あふれる説明付きでご覧いただけます。どうしても人は寒くなると、お外へは出歩きたくなくなりますが……そんなんじゃ、もったいない!花見のある春や、涼しい木陰を求めてやってくるだろう夏だけが、公園の魅力ではありません。葉っぱが落ちてしまった頃の切なさも心に感じてほしいですし、ささやかに雪が降りたての……季節の変わる瞬間も、妙にいとおしいんですよ。。。

寒さに身はこごえますが、それは周りの動植物だって同じこと。小鳥って冬の間、どうやって過ごすのでしょう。土に眠ってじっくりときをまつ生き物もいるでしょうし、草木は来る春に備え、ひたすら耐えるだけなのか……?

もしくは辺りの景色を見ながら、自分の人生について考えみるのもいいでしょうね。

郷土の自然のことも学べます

・野木和公園の今昔、沿革

・伊藤仁志氏撮影 野木和公園の写真

(青森市都市整備部公園河川課様から譲渡)
(紅葉の野木和公園、雪景色の野木和公園、桜並木の野木和公園)

・QRコードで 野木和公園四季の紹介(写真スライド動画)

・会員、柿崎敬一さんの報文

発行年 2006年「やぶなべ会報 野木和公園雑感 柿崎敬一」

『野木和公園展』では野木和公園の掲載されている記事、公園が改修されたこと、あおもり桜マラソンスタート地点のことなど掲示しています。

他にも……知られていない八重桜の景勝地だったり、野木和公園内を森林鉄道が通っていたこと、野木和公園にあった運転免許試験場の情報もあります。

あなたの知らない魅力が、そこにある。

展示期間は11月30日(火)まで!ぜひ油川市民センターまでお越しください。そしてその足で、野木和公園もお楽しみください✨

住所:〒038-0058 青森県青森市羽白野木和58−2

シェアして拡散して頂けたら、もっと青森が盛り上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする