【間違情報】味噌で有名な #かねさ株式会社 倒産!!してないからね。でも……

A-join特派員のかんからです。

みなさん! コロナの情報ばっかりに目がいって、他のニュースのチェックを疎かにしていませんか?ツイッターで調べることと言えば、”青森” “コロナ”。東京民ではないのに “東京” “コロナ” と入力し、流れる情報をボーっとして眺める。こういった行為が一種のブームになっている昨今。

ブーム?とはまた違うというご指摘は必ずあるものと思いますが、話題が尽きないので、、、流れてくるツイートが気になってしまう現象……。

今日は、とある会社が潰れた件について

株式会社KN……?

なんとまあ、聞きなれない名前です。

(株)KN|青森市|東京経済ニュース (tokyo-keizai.com)

正解は、こちら。

えっ……

味噌で有名な、かねさが倒産……?

なぜなんでしょう。業績悪化とか。

でも、潰れたと思わせて……?

普通にWikipediaに書いてました!

2019年10月1日に会社分割で設立されたかねさ株式会社(新社、同日付でかねさ製造株式会社から商号変更)へ事業を譲渡。同年11月以降はマルコメに販売を委託していたが、新社は2020年6月30日にマルコメの完全子会社となった。

旧社は新社への事業譲渡の同日である2019年10月1日に株式会社KNへ商号変更。株式会社KNは、2020年12月3日に東京地方裁判所から特別清算開始決定を受けた。

  • 2019年10月1日 – 同日付でかねさ製造株式会社から商号変更されたかねさ株式会社(新社)へ事業を譲渡して事業を停止。同時に旧社の商号を株式会社KNへ変更し、本店所在地を青森市から東京都中央区へ移転。
  • 2020年12月3日 – 東京地方裁判所から特別清算開始決定を受ける。

かねさ – Wikipedia

セーフセーフ!

潰れたわけではなくて、同じ味噌屋のマルコメに吸収されたんですね。

ちなみに去年2020年8月7日にも報道されていました。みなさん、気づいてましたか?

 青森市浪岡のみそ製造「かねさ」(秋田谷宣之社長)が大手みそ製造販売のマルコメ(長野市、青木時男社長)に全株式を譲渡し、子会社となったことが6日、かねさへの取材で分かった。かねさはマルコメのグループ会社となったものの、事業の独立性は保たれ、今後もかねさブランドの商品の製造を続ける。一方、マルコメとの関係強化により、同社の販売網を活用したかねさ製品の販路拡大が期待されるという。

みそ製造「かねさ」、マルコメ傘下に|経済・産業・雇用,食|青森ニュース|Web東奥 (toonippo.co.jp)

「かねさ株式会社」の子会社化について(マルコメ株式会社)

じゃあ、”かねさ” の色んな商品はどうなった?

青森県の老舗ブランド「かねさ」の津軽みそ4品をリニューアル販売| ニュースリリース|マルコメ (marukome.co.jp)

しっかりと “かねさ” というネーミングを残し、販売が継続されております!強い旨み深いコクが特長の津軽みそ。これが無くなってしまうと……思い通りにお汁の味が出せません(汗)

商品紹介 | 水と大豆発酵調味料のかねさ (kanesa.co.jp)

根強いコア層もさることながら。いろんな味を楽しみたい消費者の願いが叶ったといえるでしょう。でもその陰で……

これ、覚えてますか?

上の画像にもある通り、

モンドセレクション8年連続受賞のミネラルウォーター『梵珠百水』

2018年に生産終了しております。というか、”かねさ”で作ってたのか……。

梵珠百水(青森県) (kouguchi.com)

“かねさ” といったら、”パラミソ”。

買収当時はコロナのニュースだらけで、SNS上であまり拡散されなかったようですが……。

「パラミソ」とは、かねさが開発した、顆粒状味噌の新しい呼び方です!日本の伝統食品である味噌を、おいしさをそのままにより使いやすく、より便利にした、これからの新しい形の味噌調味料。
パラミソの”パラ”は、パラパラと振りかけて使うことのできる特徴を示し、英語のPara(並列する、超える等に意)にも通じる、味噌から生まれた味噌を超える味噌=「超味噌」ということを表しています。

頭の中の片隅に残っていた”パラミソ”というネーミングには、このような意味があったんですね~。小さい頃にラジオのCMで流れてたような。

久しぶりに”かねさ”の商品を選んで、飲んでみようかな。。。

シェアして拡散して頂けたら、もっと青森が盛り上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする