#鶴ヶ坂 で事故が起きれば、随分と待たされる……(汗)。その回避方法!

A-join特派員のかんからです。

青森市民、もしくは近隣より通勤や買い物にお越しになる方々へ送る……縁起でもない記事です!

鶴ヶ坂って……よく事故るよね。

つまるところ……見て頂ければわかるのですが。ここで事故が起これば、青森市から西側に抜ける経路が寸断されます。 もちろん代わりに東北自動車道を使う手もありますが、そこまでしてお金をかけてまで……という方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、いくつかある解決策をご説明いたします!

まずは悲惨な悲惨な悲惨な悲惨な、渋滞の様子をご覧ください

普通に1~2時間、遅れますからね~。

弘前の帰り
鶴ヶ坂で大事故らしい
どこもかしこも大渋滞
おとなしく
嶽温泉に泊まるべきでした。

西川 幸冶さんの投稿 2020年11月14日土曜日

青森から帰宅途中、鶴ヶ坂バイパスで事故です!!
まったく動きません!
路面は凍結しておりますので、ご注意を!!

小山内 大善さんの投稿 2014年2月19日水曜日

鶴ヶ坂浪岡方面渋滞、&青森方面渋滞してます!
青森方面はタクシーと軽の事故で、浪岡方面は乗用車が雪藪に突っ込んでました。
あ、浪岡方面はもう大丈夫ですよーっ2ストキャリイでいっちょ引っ張ってあげましたからw

乗用車引っ張れるんだwすげー!

誰かすぐ助けろよなー!!

皆さんハマったら連絡ください!おたすけに行きます!2ストでw

工藤大輔さんの投稿 2016年1月15日金曜日

 解決策 なかったことにする

爆音を流しましょう!ラジオを大音量で!!もしくはスマホをいじいじ……(とかやれば、今は確実に道路交通法違反です。)

やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用|警察庁Webサイト (npa.go.jp)

でもこんなことをしても、解決策にはなりませんね。目を開けて、目の前を見れば……現実に引き戻されることでしょう。

別ルート (1)東北自動車道を走る。

青森(青森県)から浪岡(青森県)の高速料金・ルート | ドラぷら(NEXCO東日本) (driveplaza.com)

ささっ、青森市から来た方は三内方面へ。浪岡から向かってる人は浪岡ICから高速道路にのりましょう。青森ー浪岡間の料金は普通料金470円ETC料金330円だそうです。

別ルート (2)旧道を走る。

この方法は、事故の発生した場所によって良し悪しがあります。

ちょうど地図で示した場所X印で事故が発生したのなら、国道を馬鹿正直に進まなくとも旧道を迂回できます。でもそれ以外の区間で起きた事故なら(例えば手前とか)……無意味です!たまに『あっちの道、誰も通ってないじゃん!』ということで挑戦する方がおられるのですが、結局は元の道に合流してしまうので……有効性に乏しかったりします。その場合は、時短効果はあまりありません。旧道が旧道のみでずっと続いているわけではないのです!だからこそ鶴ヶ坂で渋滞が起きやすいのです。

でも旧道の途中に”たらぽっき温泉“という入浴施設があります。

“たらポッキ”って何ですか?青森の秘湯「たらポッキ温泉」 | 青森県 | LINEトラベルjp 旅行ガイド (travel.co.jp)

どうせ車を走らせていても1~2時間遅れるのは確実なのだから、温泉でも使って……まったり過ごそう♪という方にはお勧めです!

そのうち、渋滞もなくなるでしょうし……?

別ルート (3)青森空港有料道路を使う。

ご安心ください。

空港を使う人以外にも、お使いいただけます!

旧道ルートや東北自動車道に気づいても、こちらを思いつかない人がけっこういます。

青森県道路公社 (aodoko.or.jp)

料金も高速道路よりお安く、普通車220円軽自動車150円などなど……

そういえば前にゲンサンが料金をまとめていました。当時から料金は変わっていないので、ご参考までに♪しかもお得な回数券もあるらしい……?

増税まで1か月切りました。空港有料道路にも値上げの波がきています。 とはいえ、あまり実感がわいていません。きっと10月になったら嫌でも感じ...

浪岡側から空港方面に向かうには、和ノ湯さんやイオンタウン浪岡が目印!

青森側からは、マルカ工業や東北電力青森技術センターが目印になるかも。

別ルート (4)どうしてもお金を払うのが嫌なら。

Time is money……時は金なり。でもお金は払いたくない。そんなあなたにピッタリな方法があります。それは?

誰もおおやけにしてこなかった、真実が……いま明かされる。

つまり料金所を迂回すれば、どうってことありません!

(ただし降雪に伴う路面状況は保証しませんので、冬はお勧めできません)

シェアして拡散して頂けたら、もっと青森が盛り上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする