【間違情報】青森にはナスカの地上絵があるんだぜ

・ →→お便りを先に読みたい方はこちら←← ・ A-join特派員のかんからです。 とある日のこと、ツイッタ...

A-join特派員のかんからです。

みなさんもご存知!青森県立OO館。

でも別に隠さなくても誰かに怒られるとかないので、暴露しましょう。

青森県立美術館です!!

県立美術館ホームページより

 で、題名に ”ナスカの地上絵” と書いてるけど……

青森県立美術館とナスカの地上絵。何が関係あるんですか?

もしかして地上絵関係で展示があるんですか??

→→ナスカの地上絵とは←←

いえいえ、違うんです。

実はグーグルアースで遊んでいる時がありまして……上からいろんな建物を見てたんです。

すると……奇妙な絵が描かれてたんです。しかも青森で。

 というと、青森県立美術館で何か……?

もちろん美術館の建物自体は相当評価が高く、各方面からの折り紙付きでございます!

以下抜粋

発掘現場のトレンチ(壕)のように、地面が幾何学的に切り込まれています。その上から白く塗装された煉瓦の量塊が覆いかぶさっています。上の量塊の下の面も、凹凸を見せています。土の上向きの凹凸と量塊の下向きの凹凸が、まるで並びの悪い歯列かのように、気ままに、隙間を持ちながら噛み合わされています。これがこの建築の基本構成です。

http://www.aomori-museum.jp/ja/about/architecture/

↓↓で、問題の写真がこちらです↓↓

ごめんなさい。間違いました。

↓↓正しくはこちら↓↓

あっ……!

のマークがあるじゃないか!さては宇宙人が描いていったな……!

こんな隠し要素があったなんて……!!

普通に美術館へ遊びにいったんじゃ、一生わかるわけありません。

でも……なぜ人の見えないところに描いたの?

もちろん建物を作ったのは人間です。地球内生物です。

宇宙人が作ったわけではありません。

でも、工事現場の人がなんらかのイイイイインスピレーションを受けて……

知らないうちに描いていたとしたら……くわばらくわばら。

県立美術館は天空に対して、何らかのメッセージを発信し続けているのでした♪

©青森県立美術館

・ A-join特派員のかんからです。 そうなんですよ……驚きですよね! 青森市街のとある道を歩いていると...

シェアして拡散して頂けたら、もっと青森が盛り上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする