空は果てしなく広い。想像にも本来、垣根というモノはない。いらぬ常識など取っ払え! -空族映画祭- 東北初上陸、青森上映。

“常識” とは、何が為の “常識” なのか

そして常識は、いったい誰のためにあるのでしょう?

つまりは、”誰もが生きやすいように作られたルール” ということになります。

なので ”誰のため” と訊かれると、”皆のため” ということになるのでしょうか?

そしてルールから逸脱した人間は、こう呼ばれます。型にはまらないとか破天荒などなど。詰まるところ……明確な意思を持たず、なあなあで生きている人間からすると

普通とは違う、変わった人

あるいは馬鹿者とも思われるかもしれません。

しかし、普通ではない人々が世界を作ってきた

彼らに与えられたものは、芸術でした。ただし常識の中で生きている人からすれば

何て無意味な事をしているんだ” とも思えてしまいます。

ですけど考えてみてください。ひたすらに、己の求めるがままに突き進んだ人々のおかげで、世界は形作られ、色を付けられて明るく変わり、発展してきたのです。

ダヴィンチ はもちろん、広い意味でいえば 発明王エジソン や諸々の宗教家もそうです。

芸術を追い求めるからこそ技術は発展し、人々の心を明るいものに変えてきました。

世界に無意味なものなど、一つもないのです。

空族くぞく- は何を成し遂げようとしているのか

→→映像制作集団「空族」青森特集上映2019←←

空族くぞくは2000年代に忽然とあらわれ、日本映画界で特異な位置を占めている作家集団です。常識にとらわれない、毎回役者は素人を起用し長期間に及ぶ撮影・配給・宣伝までも自ら行います。作品のソフト化を行わず、劇場や上映会を通してしか作品にふれることはできません。テーマも日本にとどまらずアジアを広く見据えています。

ホームページより

常識の範疇で考えるのであれば……役者は演技力のある劇団員か、もしくは有名どころの俳優を呼べば知名度は抜群です。しかも配給や宣伝など分業化すれば、負担は少なくて済みます。作品を作ったのならばDVDなり映像配信をして利益を上げればよいのです。

金儲けの為・ ・ ・ ・ ・でなくても、生きるために金を作ることは大切な事です。

しかしそれらを放棄し・・・、ひたすら己の道を貫くのです。

ここからは私自身の解釈ですが……

  • 役者に素人しろうとを用いる → 形作られた ”演技” は、本物ではない。何物にも染まっていない人の、ありのままの表情が欲しい。
  • 撮影・配給・宣伝を全て行う → 自分らの納得するモノを作り、自分らの納得のいく方法で最後まで行いたい。完結したい。
  • 作品のソフト化を行わない → あくまでその作品は ”その時点” での訴えだから。

見る人 撮る人で様々なお考えはあるでしょうから、これ以上書くのは避けましょう。

そして ”芸術” を追い求めた先にあるのは……果たして何でしょうか。

青森松竹アムゼにて上映! そして最後の夜には……

→→映像制作集団「空族」青森特集上映2019←←

2019年11月2日㈯・3日㈰の両日開催。

会場:青森松竹アムゼ (青森県青森市緑3-9-2・サンロード青森アムゼ地下)

舞台挨拶には空族より 富田克也(監督・脚本)相澤虎之助(共同脚本)がお越しになります。(企画・主催/映画上映団体「大地の眼」)

上演作品はなんと以下3作品あり!

サウダーヂ (2011年)

「土方・移民・ヒップホップ」をテーマに、地方都市の実情を鋭くとらえ、“空族”の名を世界に知らしめた出世作。

バンコクナイツ (2016年)

構想10年、「娼婦・楽園・植民地」をテーマに、タイ・ラオスオールロケを敢行した大作。

典座-TENZO- (2019年) ←←東北初上映!

そして全国曹洞宗青年会と組み、震災以降の仏教をテーマとし、ダライ・ラマ法王からの推薦コメントも贈られている最新作。

→→上映作品詳細←←

→→タイムテーブル・料金・チケット←←

そして最終日11/3㈰の夜には……

空族映画祭ライブイベント
ROOTS REBEL ASIA

 Aomori Quarter(青森県青森市安方2-11-3)にて、18時より開催!

映画も併せ、ぜひともお越しください!

◎ 映画お問い合わせ

・前売チケット電話予約・会場アクセスについてのお問い合わせ
青森松竹アムゼ TEL:017-731-1177

・その他のお問い合わせ
企画・主催/映画上映団体「大地の眼」
TEL : 090-4609-8397(アケヤマ)090-3687-5797(カトウ)
E-MAIL : eartheye.info@gmail.com
http://www.facebook.com/earth9eye/

シェアして拡散して頂けたら、もっと青森が盛り上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする