味がハッキリと分かるのが特徴。NOPPO to COFFEE、各イベントに出店中! #コーヒーのある暮らし #自家焙煎 #のっぽと珈琲

A-join特派員のかんからです。

先日青森市に伺った時、大変味わい深いコーヒーを頂きました!なんでもそのコーヒー屋さんは去年下旬に始まったばかり。実店舗は持たずネット販売やイベントでご活動されています。ただそういう形式のお店であれば他にもあったりするのですが……このお店は取り上げるべき特徴があります!

みなさんにお薦めですよ♪

NOPPO to COFFEE のご紹介

まずロゴを見て思ったのが、その特徴的なデザイン。マグカップはいかにもリラックスしているような人の表情。”O” の文字に縦線が入っているのはコーヒー豆。そして線が飛びぬけて “Ø” という数学記号にしてしまっているのにも秘密はあって、店長自身がかつて数学の先生だったことに由来します!他にも隠し要素はたくさんあるので探してみてね!!

“NOPPO to COFFEE” というネーミングが出来上がった経緯も面白くて、実際にお会いしてみるとハッキリと理解できます。店長自身が背が高くノッポで、それを名前にしてしまうというチャーミングさも人がひきつけられる要素かもしれませんね♪

人と人がつながる
おいしいコーヒーを
NOPPO to COFFEEは、青森市を中心に活動する
店舗を持たないコーヒー屋です。週末のイベント・マルシェでの出店や
オンラインショップでの自家焙煎豆の販売を行っています。

家族で仲良く頑張っています!

6/26撮影、アトリエハリヤマにて。

NOPPO to COFFEE のコーヒーは家族で仲良く作られています。ハンドピックという工程で悪い豆を遊びのようにはじいたり、味見にしても家族同士のコミュニケーションツールであるといえます。

そんな温かい世界で作られたコーヒーは安らかな時間を作るだけでなく、人と人の縁をつないだりすることも出来る最高のツールと化します。これはコーヒーを飲んでくださるお客様のみに留まらず、生産者と消費者をつなぐ新たなる展開も期待できるかもしれません。

もちろん店長自身の研究に余念はなく、どれくらいの時間か?どんな火加減で焙煎するのがベストなのか考え込む毎日です。なので思わず夜なべすることもあるそうです。

1ハゼ2ハゼという工程で奏でられる音に楽しさを見出せる……? 両者の間には “パチ-パチ” と”ピチ-ピチ” という違いがあるとか。

“素数ノート” には研究結果がたくさん書き込まれているのです。

気になるお味の方は……?

コーヒーの種類を大まかに分けると、コモディティーコーヒーとスペシャルコーヒーがあります。NOPPO to COFFEE のコーヒーは品質の高いスペシャルを選ぶことにより、いつものコーヒーとはハッキリと違う、自信を持ってその味をご提供できます。さらにはスペシャルの中でもシングルオリジンという地域や農場・生産者に的を絞った豆も用意しておりますので、コーヒー上級者の方にも十分ご満足して頂けるに違いありません!

実際に飲んでみたお客様にお話を伺うと『これまでは “コーヒーの味の違い” というのがイマイチわからなかったのに、NOPPO to COFFEE さんの場合は説明文通りにハッキリと味が分かる』と好評のようでした。

『マイルドで苦甘い中深煎りのコーヒー』だということがハッキリと分かるのが特徴。

この点も含めて、販売しているコーヒーは全て自信を持ってお届けできます。厳選されたそのコーヒーで「ほっ」とできるような、豊かな時間を楽しめるに違いありません!

NOPPO to COFFEE オンラインショップ (noppocoffee.base.ec)

SDGsにも配慮した取り組み

 

NOPPO to COFFEEはバタフライカップでドリンクを提供しています。

バタフライカップはアイルランド生まれのエコでおしゃれな紙製カップ。

反り返った先端が飲み口になるので、プラスチックのフタもストローも使いません。

NOPPO to COFFEE について | NOPPO to COFFEE

一度お使いいただくと分かるんですけど、横にある口の穴以外からはまったくこぼれないんです!不思議なくらいに飲みやすくて、しかも横に広いので持ちやすかったりします♪

各イベントでも出店中!

・ 

**SNSやサイトをチェックしよう!**

NOPPO to COFFEE | のっぽと珈琲

NOPPO to COFFEE オンラインショップ (noppocoffee.base.ec)

-Twitter-     -Instagram-

みなさま、NOPPO to COFFEEをよろしくね♪

 

Author: かんから
本業は病院勤務の #臨床検査技師 。大学時代の研究室は #公衆衛生学 所属。傍らでサイトを趣味で運営、 #アオモリジョイン 。

コメントを残す