【開店情報】青森市本町に2020/10/26オープンしたお茶漬け居酒屋「まさみ茶屋」プレオープンに招待された話。

10/26にオープンした青森市本町のお茶漬け居酒屋

突然ですがお茶漬けってどういうイメージですか?

朝の忙しい時にさらっと食べる物?

深夜に冷ご飯しかない……そうだ、あられの入ったお茶漬けを食べよう。

ゲンサン的には「①忙しい時に食べる物、②何か小腹が空いたときに食べるおやつ的存在」のいずれかでした。

しかし、これだけ美味しいお茶漬けに出会えて印象ががらりと変わりました……そんな青森市の特産品のみを使用した出汁茶漬けのお店をご紹介します。

場所はここ

ふく田水産跡地に出来た居酒屋です。本町のジャスマック近く、LEONのビルの丁度向かいですね。

この看板が目印になります。お店の前は何とロゴのライトが……実際に行けばビックリしますよ。

カウンター数席と座敷が2組分のコンパクトなお店です。人気店になれば入るのが大変そうだ……

お茶漬け居酒屋 まさみ茶屋のメニューの一部

だし茶漬けの出汁は鯛のあら、ほたて、しじみをベースに旨味を濃縮したものを使用。具材はオーナーが自ら試食して美味い!と太鼓判を押したものだけを出しています。中には洋酒が香る洋風茶漬けなんかもラインナップされています。(海外の似た料理の和風アレンジだそうです。すげぇ。)ちなみにメニューやチラシはゲンサン作です。

普通の居酒屋のようにちょっと1品何か食べたい時の揚げ物や、チーズ、やっこ等もあります。

特にこの餃子は皮から作成したこだわりの一品だそうです。いや、ホント美味いっすよこれ。肉汁すごい。うまい。(旨すぎて語彙を失う)

焼き明太、唐揚げ、チーズ……フードが全てビールに合う

この焼きしゃぶなんかも中々(今日は事情によりオールフリーですが)

ちなみにプレモル取り扱い店でした。他にも美味いハイボールやレモンサワーなんかも揃っています。

もはやこのお茶漬けは豪華すぎて別の料理。

ほぐし鮭とイクラのお茶漬け。これが食いたかったんです。今日は飲みじゃなくて普通にご飯食べに来ました。

豪華すぎていつも食べてる感想したあられと海苔と酒のお茶漬けとは別の次元行っちゃってます。一緒にしたら逆に失礼か……

アラ汁って凄く魚の匂いというか、癖がある印象だったんですがこの出汁は全然匂わない。そして魚介の旨味が濃縮されている……

魚卵を温めるとどうなんだろう、未知の領域でしたが杞憂でした。アラ汁の濃縮だし、サケの旨味、イクラの食感と塩味すべてが合わさった……まさにご褒美お茶漬け。

出汁がまた熱すぎず、ちょうど良いので一気にかきこむ事ができました。ワサビを入れて少し風味を変えてなんて……いやぁ、これに日本酒あればかなりオツな呑みになったんだろうなぁ。

〆を食べるときになんか物足りない、そんな思いにも答えます。

皆さん経験あるかと思いますが、〆にラーメンを食べようかな。でもちょっとビール飲みたい。そんな時ってありますよね。でも、そんな時に食べられるおつまみが「餃子」しかない……

まさみ茶屋ではそんなニーズに答えるべく、「〆」と「おつまみ」をちょいと楽しめるコンセプトとなっています。

是非本町へ呑みに行った際はさらっと一品食べていってください。オススメは勿論イクラと鮭のこれです(笑)

ではでは、コロナ対策しつつよい呑みライフを♪

シェアして拡散して頂けたら、もっと青森が盛り上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする