47都道府県在住の脚本家がバトンを繋ぎ、一つの物語を作成……我らが青森県はこの人!【47都道府県戯曲リレー『だれかれかまわず』】

全国47都道府県にいる脚本家が集結、どんな事をしているの?

ツイッターの中では毎日沢山のアイディアや企画が生まれています。今回は47都道府県の演劇に携わる方が集結した模様です。

ネットで演劇と言えば……青森県だとこの方が真っ先に出てきます。

10月13日午後、心配だった台風がうまい具合に過ぎ去り、無事青森サブカル倶楽部さんのイベントが開催されました。主催のなんでも...

ブイチューバ―が演劇をするという新しいステージで活躍する青森県のサブカル最前線、みつき君。今回の記事の発端は彼からの連絡でした。

今回の記事の依頼主です。よろしくお願いいたします。

みつき君
みつき君
突然ですが僕は今、ネット上の演劇企画「47都道府県戯曲リレー」に青森県代表として脚本に携わっております。当企画は7/4にyoutubeにて公演されるのですが、宜しければ記事として取り上げてもらいたく、連絡をさせて頂きました

全国規模で様々な演劇人たちが関わり、制作している企画ですので、地元青森の皆さんにもご注目頂けたら、と思っています。

がってんがってん
ゲンサン
ゲンサン

とはいえ、どんな事をしているのか……ちょっと覗いてみました。

僕も青森市内を勝手に代表するライター(自称)なので、どんな感じのイベントなのか調べなければ書けないです。適当に想像で描いたら全国47都道府県で石を投げられます。

ほほう、このツイートから全国の脚本家へリレー方式に書いてもらい、物語を紡いでいくと……既に47都道府県の脚本家のリレーは終了。7/4にオンラインでこの脚本のリーディングを配信するという内容のようです。

それにしても、バトンを受け取り人が考えた物語を自分の作品と合体させるって面白そうだけど難しそうですね。

あ、この人知ってる!タモリ倶楽部に出てる人や!!※そろそろゲンサンは演劇界の人にぶん殴られそうです。

とりあえずそれは置いといて、発起人の想いが素敵すぎる。

新型コロナウイルスの影響で劇場から演劇が消えた……自分たちに何かできる事が無いか……そんな時にポツりと呟いた「リレー戯曲はどうだろう」という呟きに賛同した人が結集して今回の企画がスタートしました。

そして、演劇界では全国に跨るほどの有名人も居れば学生さんも居るというフラットさ、そんな人たちが同じ敷居でたった1ページに込める個性が混ざり合う脚本って素敵すぎ……

さてさて、魅力を語ったところで詳細を掲載しますね。

リーディング参加者には以前紹介した青森サブライムのブイチューバー演劇にて登場したメイロ―さんも居ます。彼の声劇を聞いたことない人は是非聞いて欲しいなぁ……マジ上手いんで。

みつき君
みつき君
メイローさんもですが、じーえふママさん葦原ヨミさんも僕が所属しているSSS(Soul Side Stage)では実力派なのです。皆さんにも是非お勧めしたいメンバーです!

開演詳細

【配信日時】 2020年7月4日(土) 第1部 14時開演 / 第2部 17時開演
ゴールパーティー(完結を祝してのトークイベント) 20時開演
【料金】 無料
【公演会場】 YouTube チャンネル「47都道府県戯曲リレー」

https://www.youtube.com/channel/UCsawXGR8SzLnrYIUMKqmFlA

※ 回線状況など、やむを得ぬ事情により延期になる場合があります。
※ 受信環境などにより、音声や映像が乱れる場合があります。
※ 上演時間は第1部・第2部それぞれ1時間強を予定しています。
※ 戯曲は全編を無料公開していますが、著作権は放棄していません。二次使用される際にはご連絡ください。

シェアして拡散して頂けたら、もっと青森が盛り上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする