気軽に見れる満天の星、デートに最適の綺麗な散歩道。青森市浅虫サンセットビーチ周辺の素敵な夜景と星空を紹介します。

いつもと違った雰囲気の浅虫。これはこれで……

何時も見ていただき、有難うございます。A-join特派員のゲンサンです。

今回は浅虫駅前からスタートなのですが、時間帯が何時もと違いますね~。現在は夜の21時をまわった所です。もう帰って晩酌したい……この時間帯になるとオジサンやお父さんたちは手が震えてくるんですよ、知ってました?

なぜこの時間に居るかと言うと、先ほどまで海にて釣りをしていまして見事に何もヒットせず玉砕した所から始まります。

ふと、上を見上げると北斗七星と死兆星っぽい星が僕の頭上に現れたのです。そこで浅虫のサンセットビーチの事を思い出し車を飛ばして来ました。

今日は星空観測をしにいきます!!

その前に……浅虫温泉の夜景が気になったので散歩してみようと思います。

駅の周りには紙でできた灯篭が沢山。子供たちの手作り作品とはいえ、夜にライトアップされるとさながらねぶたのよう。浅虫温泉駅前で客待ちをしているハイヤーのおじさん達に癒しを与えてくれる光ですね。

ちなみに今日のおじさんは満月の下でムーンウォークの練習をしていました。夏ですね。

足湯にも形がちょっと違う灯篭がぶら下がっています。ここだけ見るとオデンかラーメンの屋台みたいです。でもここは足湯、人の足のダシを取る場所です。(違う)

ここの場所だけでも散歩には凄く良い場所。何かあった時の気分転換にもなります。

橋を歩いてみる。

足元がきちんと照らされていて見やすい。これは誰が歩いても安心できる。

デートの彼女がサンダルやヒールでも大丈夫ですよ。って今は厚底ってないのかな。おっさんのときは皆厚切りベーコンみたいな底のサンダルだったんだが……

まさに危ない橋を渡らせずなんてな。、イルミネーションとまではいきませんが夏の海沿いって感じでロマンチックです。

途中、ゆーさ浅虫のテラスに直通している階段を見つけました。入れるのかな??
おー入れたけど薄暗い。でもちょっとした灯りがあれば大丈夫かも……連れ込むには丁度いい場所だねぇ

ここでイチャイチャしようものなら、隅っこのわからない場所にゲンサンが佇んで嫌がらせをします。
「誰かさんと誰かさんがゆーさ浅虫。チュッチュチュしていて良いじゃないか~」なんて歌ってさ。

歩道橋を下りる手前に夜景観測所はっけーん。でもビーチ側ほどじゃないなぁ。周りが綺麗に見える絶対条件はなるべく暗いところなのです。

もう少し頑張って海側まで歩いてみましょう。

暗いけど湯の島見えたっ。

サンセットビーチの駐車場に到着しました。早速先ほどの夜景と比べてみましょう。

完全に別物ですね。こちらのほうがくっきりと青森市が見える!今日は特に休日前だから灯りが気持ち強い気がします。この時点で時間は9時半、もう少し時間が過ぎるともっと綺麗に見えるんだけどしょうがないかな……

湯の島を見ると上空にはポツポツと星が。低い所まで本当は見えるんだけど月明かりがちょっと邪魔でした。今日は満月に近い明るさだったもので……

それでも頭の上は凄い星。天頂周辺は天然のプラネタリウムです。これがもっと遅く12~1時になれば天体が大爆発して光の粒が散りばめられたようになります。これだとまだ60%ぐらいかも…浅虫のポテンシャルなめたらあかんでぇ。

秋田屋の上空もこんな感じ。客室の電気を消して外を覗くと星空オーシャンビュー!!なんてしゃれこめます。

湯の島低空も見たかったなぁ……

カメラをもったのはゲンサンだけでしたが、周りはワゲモノとカップルだらけでした。ここで星空タピオカドリンクでも作って売ってみようかななんてね。

とまぁそれぐらい認知度はありますが、親子でも是非天体観測に来てほしいです。

近くには道の駅もコンビニもあるのでトイレや物資にも困らず、深い山奥で観測するよりもずっと子供や女性に優しくお手軽ですよー。

ゲンサンでした。

シェアして拡散して頂けたら、もっと青森が盛り上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする